NifMo、SIMフリースマホ「HTC U12+」の取扱決定!

2018年06月28日
公式サイトより引用

日本上陸

HTCの最新フラグシップモデルがついに日本上陸です! 最新のテクノロジーをふんだんに盛り込んだ、HTC渾身のモデルに仕上がっています。HTCオンラインショップで、税込95,000円で予約販売が開始されています。

NifMoが取扱いを発表

MVNOでは、6月27日にNifMoが取り扱いを発表しました。受付開始は8月上旬を予定しているそうです。

その他、まだ正式には発表されていませんが、IIJmio、LinksMate、楽天モバイルも取扱予定となっています。

「HTC U12+」の特徴

エッジセンス2

スマホを握って操作できるエッジセンスが「2」に進化して搭載されています。従来の握るという動作に加えて、「持つ」「タップ」という動作が加わっています。また、これらの各動作を好みに合わせてカスタマイズすることができ、自分の思い通りに動くスマホに作り上げることができます。

カメラ

カメラはなんと4つ搭載されています。メインカメラが2つ、インカメラが2つです。メインで撮る写真も、セルフィーも共に妥協せず、最高のものを揃えたと言えるでしょう。

パフォーマンス

SoCはSnapdragon 845を搭載し、RAMも6GBあります。公式サイトでも「驚異的なヌルサク」と謳っているように、ゲームだろうとなんだろうと楽々こなせるスペックです。

その他にも、IP68の防水・防塵フェイスアンロックデュアルLTEなども搭載しています。

おサイフケータイ対応

日本モデルではおサイフケータイにも対応しています。最近は電子マネーも普及してきました。Google Payもより多くの電子マネーに対応してきています。それを利用する人たちにとっては最高の1台になるのではないでしょうか。

まとめ

GoogleのPixelシリーズも製造するHTCから、また魅力的な端末が出てきました。代をかさねる毎にどんどん洗練されていっている気がします。これからも時代の先端を行くようなプロダクトをどんどん生み出していって欲しいと思います。

広告